川崎市 武蔵小杉の音楽スタジオ『スタジオアイシャ』  <メルマガの登録/解除はこちら>
2020/04/25
  • studio Aisya 通信 Vol.115

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆  studio Aisya 通信 Vol.115  2020/4/25
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★武蔵小杉駅から徒歩1分の音楽スタジオ『studio Aisya』
★アコースティック楽器の個人練習、レッスンに最適
★150円/15分から、生ピアノ常設部屋は500円/30分から


みなさん、こんにちは。スタジオアイシャの永嶋です。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、日本中で
大変厳しい事態になっています。スタジオアイシャも
想定していた中では最悪の、休業という状況になって
しまいました。

多くの人がストレスを抱えているかと思います。
そんな時、私の場合は次のことをすると、気持ちが楽に
なります。
・スティービー・ワンダーの音楽を聴く
・チャップリンの「ライムライト」を見て泣く

みなさんも自分なりのストレス解消方法を、こんな時期
だからこそ探してみてはいかがでしょうか。

とても大変な時ではありますが、そんな時だからこそ
得られる貴重な経験もあるはずです。それを味わいつつ、
あせらず前にすすんでいきたいと思っています。



■目次

・お知らせ
 『5月の営業日』
 『営業時間変更のお知らせ』

・ピックアップ(HPのオススメページ)
 『SNS』
  
・今月のトピック
 『新型コロナウイルスの今後』



■お知らせ

♪5月の営業日

新型コロナウイルス感染予防の観点から、5/7(木)までは
臨時休業とさせていただきます。
※状況により、臨時休業期間を延長する可能性もございます。

5月の休業日は次の通りです。
休業日:〜7(木)、11(月)、18(月)、25(月)


♪営業時間変更のお知らせ

・変更点
 −定休日は第1・3・5月曜日の隔週から毎週月曜日
 −平日の昼休み(14:00〜15:00)を廃止し、通しで営業
 −終了時間が1時間早くなり、平日が22時、
   土日祝日は21時で営業を終了

・2020年5月以降の営業時間
 −平日 火〜金曜日 12:00〜22:00
 −土日祝日 10:00〜21:00
 −定休日 毎週月曜日
 (月曜日が祝日の場合は営業し、次の平日が休業日)



■ピックアップ(HPのオススメページ)

♪SNS

メルマガでは通常号で月に1度まとめた情報を配信し、
特別号では臨時休業などの特に重要な情報を、適時
配信させていただいています。
SNSではさらに次のようなもう少し細かな情報を、
タイムリーにお届けしています。
・空状況
・キャンセル速報
・ピアノの調律
・お得な割引について
もしよろしければ、メルマガと合わせてSNSもご活用
下さい。

https://s-aisya.com/about/sns.html



■今月のトピック

♪新型コロナウイルスの今後

今後、スタジオアイシャは新型コロナウイルスに向き
合っていかなくてはなりません。
新型コロナウイルスへの過去の対応については、次の
ブログで記事をアップしていますので、興味のある方は
のぞいて見て下さい。

・音楽スタジオの起業日記『カテゴリ:新型コロナ』
http://hiro2026.seesaa.net/category/27497404-1.html

今回のメルマガでは、少し未来について書かせていただき
たいと思っています。

今後の経営を考える上で、未来に起こるであろうことを
ある程度は予測する必要があります。それはとてつもなく
難しいことです。多くの専門家が将来について予測して
いますが、蓋を空けるまでは正解は誰にも分かりません。

もちろん、私はウイルスの専門化ではありません。
しかし、小さな音楽スタジオの責任者の1人として、
現時点で考えていることをお話することで、少しでも
何かの参考になればうれしいと思っています。

私なりに情報収集や勉強したことをベースに、私の
肌感覚も含めて、次のように予測しています。

「おおむねもとの需要に戻るのに、5月から最短で1年、
 最長で2年」

この結論に達した時は、正直めまいがしました。

この結論のベースとなる、新型コロナウイルスの感染が
収束していく場合についての、おおまかな考え方は
次の通りです。
・集団免疫(社会的免疫)を持つまで(6割〜9割が免疫を
  持つまで)感染者が減少しつづけ、収束することはない
・免疫は感染して回復するか、ワクチンかのどちらか
・医療崩壊を起こさないようにすることを最優先にしつつ、
  経済とのバランスをとりながら、政府が規制を
  強化したり緩めたりして、感染者数をコントロール

今後特に重要なのは、政府が感染者数の波を
どうコントロールしていくかということを踏まえつつ、
その場面ごとに適した対応をしていくことです。
今は、規制をほぼ最大限に強化している時です。
そもそもいつ緩めるかということもありますが、
どう緩めるかというのも悩ましい点です。休業や
外出自粛の要請はどうなっていくのか、イベントは、
学校は...ただ一気に全ての規制を緩めることは
なさそうです。

長期的には、需要が元に戻るまでかなりの時間がかかると
見ています。その間をどう乗り切るか考え続ける日々です。

念のため繰り返しますが、ここに書かれていることに
関して正しいかどうかは、私自身も自信なんてありません。
1人の考え方の例として、少しでも何かの参考になれば
うれしい、そういう思いで書かせていただきました。

いずれにせよ、多くの人が新型コロナウイルスのリスクと
向き合っていく必要があると思います。
そんな困難に冷静に向き合い、考え、対処していくことは、
とても貴重な経験とも言えます。そしていつか、この経験が
活きることがあるのではと思っています。





最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。
「studio Aisya 通信」はこれからも、新しい情報を
タイムリーにお届けしたいと思っております。どうぞよろしく
お願いします。



----------------------------------------

■メルマガ登録の解除
以下のURLから解除の手続きを行って下さい。
お預かりしたメールアドレスは、スタジオアイシャ合同会社が
メール配信システム「acmailer」を使用して管理しています。
{DELURL}

■プライバシーポリシー
以下のURLをご参照下さい。
https://s-aisya.com/about/privacy_policy.html


===================================
studio Aisya(スタジオアイシャ)
https://s-aisya.com/
――――――――――――――――――――
運営会社:スタジオアイシャ合同会社
神奈川県川崎市中原区新丸子東二丁目907番地
イオンビル201号室